シャワー中のニコチン中毒にニコレットがあれば安心

ニコチン中毒はいつ起こるかわかりません。タバコを吸っている状態ではニコチンが体内に入っていますが、体内から排出されるのは個人差があり、ニコチン中毒になる頻度もかなりの差となるようです。また、タバコを食後やシャワー後などのように生活習慣として吸っている場合には禁煙をするとシャワーを浴びるだけでニコチン中毒症状が現れるなどピンチが突然やってくることも少なくないようです。そこでタバコを吸うのでは意味がありありません。以前はタバコを吸いたいピンチの時には我慢することが求められました。しかし、現在では禁煙補助薬が発達していることからニコチンを摂取するために利用されることが多くなっています。特に禁煙補助薬として人気のニコレットはガム状であり、シャワー中にたばこを吸いたい衝動に駆られるピンチでもすぐに摂取可能です。ニコレットは噛むことでニコチンが摂取されますので急激に補充されないのも利点です。噛むこととニコチンを摂取することのダブル効果で中毒症状のタバコを吸いたいからニコレットを噛みたいという欲求に切り替えることが可能です。タバコを吸うとニコチンは取れますが、他の有害物質も多数吸収してしまいます。ニコレットはニコチンが主成分であり、他の有害物質はありません。そのため、煙草からニコレットに切り替えるだけで体は健康な状態に戻っていきます。特に血液中の酸素濃度が上がりますので細胞が元気になったり、呼吸器の改善によってがんの発症リスクが減る効果も期待できます。ニコレットは禁煙が進めばニコチン自体を体が受け付けなくなりますので徐々に摂取量が減り、禁煙完遂と共に必要無くなります。禁煙は完遂しないと意味がないのでスケジュール管理をしっかりする必要があります