禁煙中に使うニコレットの発がん性について

禁煙中のイライラを解消するために使うのがガムのニコレットです。
しかしニコレットは中にニコチンが含まれているため発がん性があるのではと思う方もいらっしゃいます。
禁煙できても発がん性があるなら怖いので使えませんが実際のところはどうなのでしょうか。
たばこには発がん性があることが知られていますがその原因物質はニコチンではなくタールにあるのです。
たばこに含まれるニコチンによりタバコが吸いたくなり、繰り返しタールを吸いこんでしまう結果になります。そしてあらゆる健康被害をもたらします。
しかしニコレットにはニコチンが含まれているもののタールは含まれていないため発がん性がありません。ですので禁煙中のイライラは解消できながらも健康作用もあるのです。
もしも健康被害を気にしてニコレットを使えないというなら間違いです。確実にタバコを吸い続けたほうが不健康になります。
またタバコの中には一酸化炭素も含まれていますがこちらも体に悪影響をもたらします。
火事になると一酸化炭素中毒になることがありますが、それの軽い状態がタバコを吸うことによってもたらされているのです。
禁煙中は無理をせず適度にニコレットによってニコチンを補給しましょう。
ニコレットは永遠に使い続けるのではなく長期的に使うことにより徐々に使う個数を減らしていき、最終的には何もなくてもイライラしない状態を作っていきます。
これで完全に禁煙ができるのです。
ニコレットにも副作用がありますのでこれは必ず確認しておいてください。ただ処方されるような薬に比べて副作用は小さいものになります。
くれぐれも普通のガムではありませんので子供さんが間違って食べないように気を付けてください。